047-316-0708

Web予約

婦人科

女性のためのホームクリニック

思春期、妊娠・出産期、更年期など女性はライフステージに応じて、体の変化が顕著に現れる傾向にあります。そのため、当クリニックでは、それぞれの立場に合わせたトータルヘルスケアをご提案し、女性の健康をサポートしていきます。

婦人科診療

生理痛や生理不順(月経異常)・おりものの異常・外陰部の痛みやかゆみなど女性特有のお悩みから、妊娠の相談、性感染症検査、ピル外来(低用量ピル・アフターピル(緊急避妊)・月経移動)、月経前症候群(PMS)、更年期障害など婦人科全般の診療を行っています。 なお、乳腺疾患につきましては、ご相談いただくことは可能ですが、現在のところ当院での検査・治療は行っておりません。

一般診療

月経のトラブルについて

月経異常

「生理周期が安定しない」「出血量が多い」「生理が2日で終わってしまった」など、月経の間隔や月経量の異常を月経異常といいます。月経異常が起こる原因は、生活習慣やストレスなどのほか、冷えや体重の急激な変動などからくるホルモンバランスの乱れなど様々です。子宮や卵巣の病気がある場合とホルモンの状態が影響している場合とがあり、病気によっては不妊症の原因になることもあります。症状に応じた必要な検査と治療を行いますので、月経異常の可能性がある場合は一度ご相談ください。

月経困難症(生理痛)

生理の直前、または開始とともに下腹痛や腰痛、眠気、頭痛が現れ、市販の痛み止めを服用しても効かない人や、日常生活に支障をきたすような痛みに悩んでいる場合は月経困難症と判断します。子宮内膜症、子宮筋腫、骨盤内の感染など何かの病気の影響で生理が重くなってしまう可能性があります。子宮内膜症は月経困難症の原因となり、逆に月経困難症は子宮内膜症の原因にもなります。また、子宮内膜症は不妊症に影響することがあります。症状が辛い場合は我慢せず、早めの治療が将来の病気の予防にもつながります。治療の一つであるピルは避妊効果だけでなく、生理痛を緩和したり月経周期をコントロールできる非常に便利なものです。月経困難症は10代の学生さんでは学業に影響したり、20代30代の働き盛りの年代では仕事や収入に影響すると言われています。年齢に関係なく若年からでも安心してご相談ください。また、避妊・過多月経・月経困難症に適応のある子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナ®52mg)が適することもあります。できる限り痛くないよう十分な配慮をしておりますので、こちらも安心してご検討ください。

月経前症候群(PMS)

PMSとは生理前に精神的、身体的な不調が出てくる症状です。精神的な不調が強くなった状態を月経前不快気分障害(PMDD)といいます。イライラする、集中できない、肩こりや腰痛が強い、乳房痛、お腹が張る、肌荒れなど症状の幅広さが特徴です。PMSとPMDDは生理がある女性の5~10%が関係すると言われています。

不正出血(生理以外の出血)

月経以外に出血を起こすことです。不正出血すべてに問題があるわけではなく、良性と悪性を正確に見極める必要があります。そのため、できれば出血を確認した後、迅速に当クリニックを受診していただければと思います。

月経移動

旅行などの大切なイベントに月経がぶつかりそうなどの場合、月経の時期をずらすことができます。月経を早める方法と、遅らせる方法があります。遅らせる方法の場合、イベントの期間中に薬を飲むことになり、嘔気などの副作用やわずらわしさがあります。したがって、可能であれば早める方法をお勧めします。早める方法の場合は、月経開始から5日以内、遅らせる方法の場合は、次回月経開始予想日の5日以上前にお越しください。早める場合には、低用量ピルを使用することもできます。

料金 ¥4,400(診察料・くすり代・消費税込み)
低用量ピル使用の場合はピル外来の料金となります。

おりもの・外陰部のトラブルについて

おりものの異常

おりものには外部からの感染を防御する働きがあり、雑菌などが増えないように腟内を酸性に保っています。これは乳酸菌がおりものの中にいるからです。そのため、おりものは酸っぱいような臭いがすることがありますが、異常ではありません。体調が悪いときや生理前後の時期には、腟内の菌のバランスが崩れやすくなります。この状態を細菌性腟症といい、おりもの異常の中で一番多い原因ですが、少しの変化であれば特に病気ではないことが多いです。極端におりものが多い、おりものが臭う、かゆみを伴うなどの症状は、性感染症(クラミジア・淋菌・トリコモナス)やカンジダ症の可能性もあり、治療により改善が期待できます。

外陰部のかゆみ

外陰部のかゆみは、カンジダ・トリコモナスといった感染症や、かぶれ、アレルギーなどが原因になります。皮膚の状態やおりものの性状、顕微鏡検査、細菌培養検査などで診断し、経腟・経口薬、外用薬による治療を行います。

外陰部のできもの

外陰部に痛み、イボ、しこりなどがありましたら、できるだけ早めに受診して下さい。 ウイルスが原因でイボができる「尖圭コンジローマ」や、水ぶくれができて痛む「性器ヘルペス」、近年増加している「梅毒」に感染している可能性があります。できものの種類によって、経口薬、外用薬、外科的治療などを行います。

性行為感染症(STI)について

性行為感染症(STI)の種類

性行為感染症(STI)の代表的なものとして、クラミジア、淋菌、梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、トリコモナス、性器カンジダ、B型肝炎、C型肝炎、HIV、HTLV-1、HPVなどが挙げられます。これらは感染しても症状がなかったり、軽かったり、知らない間に感染していることがあります。また、オーラルセックスにより、口腔・咽頭への感染もみられます。クラミジアが最も多く、梅毒は近年増加傾向、HPVは子宮頸がんの原因になります。妊娠・出産を控える女性にとってSTIは、不妊症、妊娠合併症として重要です。クラミジア・淋菌感染症は、無症状でも不妊症の原因となることがあります。妊娠中の感染症は、流産・早産の原因となる他、赤ちゃんに感染する場合もあります。

主な症状


おりものの異常、外陰部のかゆみ、できもの以外にも、腹痛・性交痛・不正出血・発熱などは、骨盤内炎症性疾患(PID)という子宮・卵管・卵巣、さらにはお腹の中全体の感染症のことがあります。PIDは、子宮外妊娠、不妊症、慢性骨盤痛などの後遺症とも関係するため、早期の診断・治療が必要です。PIDはSTI以外の細菌などによる感染症でも起こります。これらの症状が一つでも当てはまる場合には、ぜひ一度受診をしましょう。

感染症の検査

症状がある場合には、疑われる感染症検査を保険診療で行います。症状はないけど不安という場合には自費診療となりますが、子宮がん検査の一つとしてのHPV検査、性交経験がある24歳以下の女性への淋菌・クラミジア検査、STIの危険性が高い方への淋菌・クラミジア・梅毒・B型肝炎・HIV検査は、海外では科学的根拠のある予防医療として推奨されています。これらに該当する方はもちろん、妊娠・出産の準備をしたい方、定期検診を受けていつまでも健康でいたい方など、ご希望の方はどなたでもいつでも検査を受けることができますので、レディースドックへお越しください。

検査結果について


子宮がん、感染症、レディースドック、ピル採血などの検査結果は、オンライン診療に対応しています。自宅やオフィスから受診することができるため大変便利です。

避妊相談

ピル外来

「ピル」と聞くと多くの方が避妊薬をイメージするかもしれません。しかし、ピルは女性がより快適な日々を送れるようにサポートしてくれる役割もあります。貧血、月経痛、生理不順、子宮内膜症の予防と改善が期待できるので、症状にお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

避妊リング(子宮内避妊具:IUD)

避妊リング(IUD)とは避妊法の一つで、小さなT字型の器具を子宮内に挿入することで、 受精卵の子宮腔内への着床を妨げ妊娠を防ぎます。避妊効果を高めるため、主に銅付加IUD(ノバT®380)と黄体ホルモンが加えられたIUD(子宮内システム:IUS)が使用されています。銅付加IUDは5年間有効で比較的安価ですが、経血量の増加や生理痛の悪化が見られることがあります。また、緊急避妊として性交後5日以内に装着する方法もあります。IUS(ミレーナ®52mg)は銅付加IUDよりも少し高額になりますが、過多月経や生理痛の治療効果もあることから(この場合は保険適用)、当院ではこちらをおすすめしています。出産経験がない方の場合、ピルが第1選択になりますが、装着することは可能です。妊娠希望があれば、抜去することで挿入前の状態に戻ります。

子宮内黄体ホルモン放出システム :IUS(ミレーナ®52mg)とは

ミレーナ52mgは、子宮内に装着するT字型の避妊装置です。月経開始後7日以内に装着すると、子宮の中に黄体ホルモン(レボノルゲストレル)が持続的に放出されます。そのため、妊娠しにくくなったり、過多月経・月経困難症が緩和したりといった効果が期待できます。
ミレーナのメリットは「血栓症のリスクがある」「高血圧である」「低用量ピルが合わない」などの場合でも使用できる点です。また、定期的な検診が必要なものの、1回の装着で5年間効果を発揮し続けるのもメリットといえます、装着と除去はクリニックで短時間できて、痛みもほとんどありません。

ミレーナ装着後の副作用


  • 月経出血日数の延長や月経周期の変化
  • 月経時期以外の出血
  • 卵巣のう胞(通常はホルモン変化にともなう一時的なもの)
  • ミレーナの自然脱出
  • 月経の回数が徐々に減り、1年後には約20%の方で月経が起こらなくなります。(閉経ではなく子宮内膜が薄くなることによります)

避妊リング料金(自費・消費税込み)

ミレーナ ¥44,000(過多月経・月経困難の場合は保険診療)
ノバT380 ¥33,000
抜去 ¥10,000

装着後は定期検診が必要です。(料金:診察料+超音波検査)
麻酔をして装着することも可能ですのでご相談ください。(別途自費 ¥10,000)

検診・ワクチン

子宮がん検診・レディースドック

当クリニックでは子宮がんの検診のほか、レディースドックを行っています。女性が生涯を通して健やかでいられるよう、それぞれのライフステージに合わせて定期検査を受けられることをお勧めいたします。

ワクチン接種

当クリニックでは、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)感染症予防のワクチン接種(4価ガーダシルⓇ/9価シルガードⓇ9)、風しんワクチン・麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の接種が可能です。

更年期障害

更年期とは女性の生殖期から非生殖期への移行期のことです。日本人の平均として45歳から55歳辺りが該当します。
この時期は体にとってさまざまな不調が出てきます。なかでも上半身がほてる、汗をかきやすくなった、常にイライラして仕事や家事がおぼつかないなど日常生活に支障を来たす病態が更年期障害です。漢方薬やプラセンタ注射、ホルモン補充療法が有効な場合があります。下記のような症状に当てはまる方は、更年期障害の可能性がありますので、ぜひご相談ください。

更年期の症状

顔や上半身のほてり

物忘れが多い

汗をかきやすい

寝つきが悪い

イライラする

頭痛

不安感

肩こり、腰痛

疲れやすい

手足の関節痛

憂鬱な気分、無気力

手足のしびれ

妊娠(不妊)相談

当クリニックでは、それぞれの患者様のライフステージに応じて妊娠のお悩みをサポートしております。「今後子どもを作ることを考えている」「きちんと妊娠できる体質か不安」「なかなか妊娠することができない」など妊娠に関するお悩みがあれば、どんなことでもご相談ください。不妊に関する基本的検査やタイミング法の指導など、今後のための適切な選択肢をご提案します。

※人工授精・高度生殖医療は行っておりません。

自由診療 料金(消費税込み)

初診料 ¥3,300
再診料 ¥1,100
オンライン利用料 ¥900
郵送料 ¥550
紹介状・診断書・証明書・母性健康管理指導事項連絡カード ¥3,500
生命保険会社診断書 ¥5,000
超音波検査 ¥2,000
ソノヒステログラフィー ¥5,000
※主に子宮内膜ポリープの確認のため、細いチューブで子宮内に生理食塩水を注入しながら超音波を行う検査です。
卵管通水検査 ¥9,000
※不妊症検査として卵管の通過性を確認するものです。子宮内にチューブを留置し生理食塩水を注入します。同時に超音波で卵管・子宮内に異常がないかチェックします。
プラセンタ注射 ¥1,500 (更年期障害の方は保険適応)
※初回のみ初診料(2回目以降、注射のみは診察料・予約不要)

ページトップへ戻る