047-316-0708

Web予約

ピル外来

低用量ピルとは

ピルとは一般的に経口避妊薬のことを指します。世界的に広く用いられており、1日1回定期的に内服することで、高い避妊効果を得られます。低用量ピルにはそれ以外にも、生理痛を和らげたり、子宮内膜症の悪化を防いだり、卵巣がんリスクを低下させるなどの副効能があります。不妊症に影響することはなく、妊娠を希望した時点で内服中止すれば、数ヶ月以内に元の状態に戻ります。

低用量ピルの効果

01

避妊効果

飲み忘れなく正しく服用すれば、ピルの避妊効果は99%です。気づかないうちに破れてしまう可能性のあるコンドームと比較すると、ピルを服用した方が確実に避妊効果を得ることができます。学生や大事な仕事中など、とにかく絶対に妊娠するわけにはいかないという人はピルの服用をおすすめします。

02

月経移動

結婚式など大事なイベントや温泉旅行の際に生理が被らないように、生理周期を早めたり、遅らせたりコントロールすることが可能です。一定期間、ピルの服用が必要ですので、日程が決まったらできるだけ早く処方を受けるようにしましょう。

03

様々な女性特有の症状を改善

生理周期の改善、生理痛の緩和や、月経前症候群(PMS)の改善、子宮内膜症の症状の改善、ニキビの改善(肌荒れ)など様々な効果が期待されます。

ピルの副作用について


全く症状がない方もいますが、内服開始後2週間くらいまで軽度の吐き気、頭痛、倦怠感が現れたり、2~3ヶ月くらいまで少量の不正性器出血が見られることがあります。ほとんどの場合、これらの副作用に危険はなく、次第に症状はなくなっていきます。長期に渡って症状が改善しない場合にはご相談ください。
また、非常にまれではありますが、重大な副作用に血栓症があります。血栓とは血の塊のことで、全身のどこにできるかにより、脳梗塞、肺塞栓、下肢静脈血栓など軽症から重症まで多岐にわたります。年齢、喫煙、肥満、片頭痛の既往、高血圧、血栓症家族歴などがリスクとなり、服用が適さない場合があります。特に服用開始から最初の数ヶ月までがよりリスクの高い時期となりますので、注意して経過をみる必要があります。ただ、実は血栓症リスクは、通常の「妊娠」の方がずっと高いと言われています。メリットの方が圧倒的に大きいものですので、過剰に恐れず、心配なときはご相談ください。

種類・料金(消費税込み)

初回のみ初診料 ¥3,300、2回目以降、処方のみの場合は診察料・予約不要です。
定期の検査・診察時は再診料 ¥1,100 が別途かかります。

ラベルフィーユ ¥2,200
トリキュラー ¥2,400
ファボワール ¥2,400
マーベロン ¥2,600
シンフェーズT ¥2,600
アンジュ ¥2,600

※ピル外来は自由診療(自費)となります。
※疾患や症状のある方は保険適応となり、ルナベルLD/ULD、フリウェルLD/ULD、ジェミーナ、ドロエチ/ヤーズ/ヤーズフレックスなどのピル(LEP:低用量エストロゲン・プロゲスチン)による治療を保険診療で行います。

アフターピルとは

アフターピルとは性交渉後に服用することで、妊娠を防ぐ可能性を高める避妊薬です。72時間以内に内服するのが基本ですが、早ければ早いほど効果が高まります。そのため「低用量ピルの服用を忘れてしまった」「コンドームを付けずに性交渉した」などの場合は早めにご来院ください。

アフターピルの効能と注意点

アフターピルには排卵を遅らせたり、子宮内膜を変化させて受精卵が着床しにくくしたりする作用ありますが、服用後に再び性交渉をすると妊娠する確率が高まる可能性があります。月経が来るまでに避妊なしの性交渉をどうしても待てない場合には、引き続き低用量ピルを内服する方法があります。アフターピルのみを頻繁に内服しても、低用量ピル等の避妊方法よりも効果は小さく代用とはなりません。アフターピルはあくまでも緊急時のバックアップです。内服後3週間以内に月経がなければ、妊娠反応を確認の上、受診してください。

種類・料金(診察料・消費税込み)

レボノルゲストレル ¥7,800
プラノバール(ヤッペ法) ¥3,800 ※レボノルゲストレルより妊娠阻止効果は低くなります

※アフターピルは早期服用が必要です。診療時間内に予約なしで来院し、処方のみ希望の場合は受付窓口で申し出ください。

オンライン診療について


月経移動・ピル外来はオンライン診療が大変便利です。
予約ページから空いている日時を選択してください。
薬や処方箋は郵送またはお近くの薬局でお受け取りになれます。

ページトップへ戻る